モアビビ魔法の粉 公式サイト
menu

消臭の豆知識deodorant

アメリカ公立校で行われているデオドラント教育

アメリカは人種や民族のるつぼであり、家庭毎に食物や生活習慣が大きく違います。多民族が通うアメリカの学校では生徒が社会でスムーズに生きていける方法を教えます。デオドラントについても「体臭」は善悪ではなく人間が生物である限りニオイがあることを当然とした上で対策を教えているのです。

アメリカではデオドラントが成功者への第一歩

アメリカの成功者、経営者たちは、清潔感と自信に溢れています。
整えられた髪、髭、ピカピカに磨かれた靴と笑顔。
そして素敵な香りも漂わせています。
ニワトリが先か、卵が先か?ではないですが、彼らは成功者だから清潔なのではなく、清潔でニオイにまで気を配る心遣いがあるからこそ、成功しているのだと言えます。
誰だって、クサい人と仕事をするのは嫌なものです。
清潔であるというのは、成功への一つの近道だとも言えるのではないでしょうか?アメリカでは、小学校から授業として「デオドラントの授業」を受けます。

デオドラントは恋愛や面接を後押しする

誰でも思春期になると成長ホルモンの影響もあり、男女ともに体臭がキツくなります。
せっかく大好きな人ができても、自分の体臭が気になったり、人に指摘されたりしたら消極的になってしまいます。
これでは恋愛でも面接でも大きな損。
自分を積極的にアピールするためには、自分のニオイにも気を配らなくてはなりません。
人間も、生物として生きている限り、無臭になることは無理ですが、せめて周りを不快にさせないように、自分にも自信が持てるくらいには、ニオイマネジメントをしたいものです。
あなたが大好きな人と恋人同士になるのも、大切な面接に挑むのにも、周囲の人を気分良くさせる素敵な香りが不可欠です。

スグに役立つアメリカ公立校で教える消臭対策

アメリカのドラマやミュージカルで、鉄板ネタともいえる、あるあるエピソードは、女子が男子のロッカールームに入って、その足の臭さや体臭に辟易するというもの。
だからアメリカでは、デオドラントの授業があり、次のようなことを教えるのです。
まず身体を洗うのには、消臭効果の高いボディーソープを使い、汗をかきやすい、脇の下、足の指の間などもしっかりと洗います。
シャンプーもデオドラント用が売られています。
洗濯する際には、洗剤と一緒に酸素系の漂白剤を投入すると、臭いニオイもキレイにとれてスッキリします。
あとは、アメリカでは主流のロールオンタイプの消臭剤を脇の下に塗るのが一般的。
スプレータイプでも問題はありません。
コロンや香水をつけるのは、元の体臭をスッキリさせた後がおススメ。
臭いを匂いで消すのはあまりよろしくないです。

デオドラントで得することはこんなに沢山ある

 デオドラントで得をするのは、何といっても自分に自信が持てることだと思います。
プレゼンテーションをする機会の多いアメリカでは、自分に自信を持つことは必要不可欠です。
アプローチが何事においてもポジティブになるからです。
ポジティブな言動は人を動かし、信頼を勝ち取り、ビジネスのシーンでも大いに役立つでしょう。
そして、自信のある人、香りの良い人は、周囲の人からモテます。
臭わない人は嫌われません。
一緒にいる周りの人たちも良い気分になります。
アメリカのデオドラント授業は、生徒が体臭などで悩んだり人生につまずいたりしないで、自分の能力を充分に発揮して幸せな人生を送れるよう、教師や親達から子供達への思いやりから生まれたものなのです。
  • Facebook
  • Twitter

「消臭の豆知識」に関する最新記事

〜 モアビビ魔法の粉〜

  • モアビビ魔法の粉  無香料

    3,888円(税込み)

  • モアビビ魔法の粉 ミント

    3,888円(税込み)

  • モアビビ魔法の粉  フローラル

    3,888円(税込み)

  • モアビビ魔法の粉 ミニボトル

    1,296円(税込み)

  • 全商品一覧

    全商品一覧

    モアビビ魔法の粉 商品一覧ページへ

  • アウトレット商品一覧

    商品一覧

    商品一覧ページへ

Page Top